2009年12月10日

弁慶と牛若丸の『のり』の話 4




弁慶と牛若丸の『のり』の話 1
弁慶と牛若丸の『のり』の話 2
弁慶と牛若丸の『のり』の話 3



糊づくりで勝負がついたとき
弁慶が牛若丸に一言。


「参りました」





で、この後
2人に糊づくりを命じたお坊さんが現れて
教訓めいたことを話すんだけど
この話って、結構面白い。


うさぎとかめの話にも似ているし
いわゆるお説教じみた話にもなる。

で、ちょっと角度を変えて読んでみると
いわゆる成功法則にもつながる。




大掛かりなことをやらなくてもいい。
(やってもいいかもしれないけど)

自分にできることを一つずつ積み上げていくだけで
気がついたときには、かなりのことができていたりする。


牛若丸がやったのは
たった米一粒をつぶしただけ。

それだけで、
体格的にも体力的にも上回っていそうな弁慶に
いとも簡単に勝ってしまう。

しかも、牛若丸には勝負しようと言う意識もなかったはず。


面白いよね。





さて、この話から
あなたは何を感じますか?






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。