2011年03月27日

3年B組金八先生ファイナル「最後の贈る言葉」を見て泣いた・・・




金八先生が、いよいよファイナルと聞いて
しっかり4時間、見てしまった。


懐かしいシーンが色々と出てきたので
かなり最初のほうから涙腺はゆるんでいた。。。(笑)



これ自体はフィクションなんだけど
その中に見え隠れする現実の出演者の関係や
番組当時と現在の姿との変化を見て、感慨深くなったなぁ。


その中でも、加藤優役の直江喜一さんが素晴らしかった。

頭も薄くなってたし、体型もすっかり変わってしまって
見た目には、決してカッコイイとは言えないけれど
そこが逆に真実味があって、違う意味でのカッコ良さを感じた。



最初のシリーズから、もう32年も経つんだね。


そりゃ、みんな変わるよね。



だけど、そんな変わってしまった姿にも
感慨深さを感じさせるのが
金八先生のスゴさなのかも知れないなぁ。








楽天で金八先生のDVDを探す
posted by Moju at 23:46 | Comment(0) | エンターテイメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。