2005年11月29日

架空と現実、想像と創造


最近ふと氣づいたことなのですが

自分を苦しめている問題の多くは
『架空の想像に端を発している』かも知れない。

“想像=架空”なのですが
人間の能力の素晴らしさでもあり危険性でもあるのが

『想像によって現実を創造してしまう』
と言うことだと思います。


恐らくは、人間に想像できないものは
現実に創造することも出来ないだろうと思います。

逆に言えば
『想像できるものは創造されてしまう』のかも知れません。


人間の発見や発明の元になったのも想像

同時に人間の葛藤や苦しみの元になっているのも想像かも知れません。


常に思っていること、考えていることが
その人の行動を左右することは間違いのないことだと思います。

と言うことは、何を思い、何を考えるのか
これを意識していることは
自己管理として大切なことかも知れませんね。

想像に創造のパワーがあるのなら
是非ともコントロールしたいものです。


少なくともコントロールされるようなことにはなりたくないですね。
posted by Moju at 03:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
どうも!
「影におびえる」と言う言葉が
ありますが、想像が自分を苦しめている
ことをいうのでしょうね。
妄想においたてられるのでなく
夢を持ち、夢を追う生き方を
したいものですね♪
Posted by ぱんだ at 2005年11月29日 06:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。